virtual partner機能の使い方

富士ヒルでタイムシートについて話してたら、garminあるんだからバーチャルパートナー使えばいいじゃんって言ってたらそもそも機能知られてなかったので自分の使い方まとめてみる。garmin使う一番のウリなんじゃないかと思うのでもったいないよ。

使うもの

strava (プレミアム) 

StravistiX for Strava (ブラウザ chromeの拡張機能)

バーチャルパートナー機能使えるgarmin edge(自分のは520)

よくあるバーチャルパートナーの説明には目標タイムを設定してそれとの比較、とありますがそれでは上り下りが無視されるしペース配分にもあまり役に立たないので、stravaに上がっている実際のデータを利用していきます。
これで実際に人が走ったデータとの時間・距離差に。というかこれないと平坦のランニングくらいにしか使えないのでは。。

stravaプレミアムなのは、タイムの比較のためです。

まずはコースの区間を探す。今回は定峰峠で。

区間が既にあればそれでいいですしない場合は作成。ただし作成は一度自分が通ったコースしかできないので注意。(あと誰もタイム気にしないような区間作ってもへんなデータ増えちゃうし微妙)

区間が見つかったら、下のタイム一覧を見てこの一覧の日付部分をクリック。どれでもOK

その人のその区間の情報が表示されます。

ここで比較を押す。すると自分との比較の画面に。

安定してぶっちぎられてますね。まぁ本気でここ走ったことないし。。ないし。。
で、目標にするタイムあたりの人を探します。15分くらいにしときますか。
適当に左の+マークをポチポチ。

するとこんな状態に。タイムはほぼ同じでもペース配分は様々。
極端な人を省きながら(スタート、ゴールでうまく判定されなかったとかで変なデータもあります)序盤抑えめで、安定したグラフの人を選ぶ。

で、参考にする人が決まったら一覧からその人の日付部分をクリックして、詳細表示。
今度はExport effort as virtual partnerを選択。

するとエクスポートの表示に。

 

これでこの区間のデータがダウンロードできるので、あとはgarminをPCにつないで、ダウンロードしたファイルをnew filesフォルダにいれます。
あとはコースを選択してRIDE。

これでスタート地点通過するとバーチャルパートナーが始まります。

Read More

富士ヒルクライム 2016

はー今年の前半終わった終わった。

IMG_0128

相変わらずstrada sl+キシエリのアルミwithアルミ。トップチューブに両面テープでジェルと足釣り対策の漢方貼ってる。

■ 前日

昼10時半に集まって戸田のインターから山梨へ。今回はチームから4人。

宿はバラバラだけど車2台に分かれて現地の駐車場で落ち合う予定で。そこから受付行って帰りにパンクしたチューブラータイヤを買いに行ったりチューブラーテープ探したり。
軽く河口湖走る予定が駐車場と会場往復していい感じのアップになったのでこの日は終わり。ふじさーん。

IMG_0114

やっぱ前日はパスタよねーとパスタ食べに行って、小瓶1本づつビール。
9時にはコンビニ寄ってそれぞれの宿へ(1人車中泊だけど)

泊まった宿はケイズハウス mt.富士

富士ヒルは宿が競争率やばいと聞いていたのでとりあえずすぐとれるドミトリー確保して、それからちゃんと探そうと思ったらもちろん見つからず、そのままドミトリー。ドミトリーなんて10年ぶりだろうか

もっとひどいの予想してたけどきれい。なにこれ知ってるドミトリーと違う。もっとこう、虫でる感じの。いや海外のしか知らないけど。
よく調べたらケイズハウスは日本国内に何店舗かあって、そこそこいい評判だそう。シーツもきれい。シャワーもすごくきれい。

富士ヒル参加者多いからかロビーこんな状態。
IMG_0119

あと共用キッチン。なにこれいい。他にも共用ルームも広い。
IMG_0121 IMG_0120

ただドミトリーは相部屋相手のいびきだけは完全に運なので、そこを賭けられるならオススメ。
相部屋は5人部屋に3人で、みんな日本人&富士ヒル参加者。ウチ1人は話してみると去年64分のゴールド。ぱねぇ。ゼッケン若い。
もうひとりのいびきがなかなか激しくてこれやばいか?と思ったら寝た1時間後くらいにぴったりやんで、いやありがたいけどむしろ心配になるし大丈夫かこの人・・?と思いながら寝る。3時半起き。
■ 当日

4時半に車迎えに来てもらって富士急駐車場に。
もろもろ準備して、アップがてら会場までケイデンス高めに心拍あげていって5時半。天気完璧。
トイレいって6時頃荷物預けてスタート待ち。整列始まってる。
IMG_0123

申告タイムは70分で、ゼッケン3499。第3ウェーブ。
第1が選抜の化物達で、第2が女子・ジュニア。第3は一般の一番速いグループ。
70分申告はキリがいいし多いだろうから、これが第3と第4の分かれ目っぽい。
90分で申請したチームの人は第10。他のチームの2人は女子なので第2、そんなわけで1人置いて先にスタートに。

走りだして5kmくらいいって、チームの人みつけて声かけ、相変わらず追い込めない感じで5km。
原因は練習で追い込んでないというかイベント出過ぎで練習できてないのもう榛名山で身にしみてるしこれじゃ70分切りは無理だろーなーなにモチベーションに走るかなーとか考えて、とりあえず70切り無理にしてもシルバー取れないとかなくね?相当がっかりされるぞそれ、とかそいえば最近チームにきそうな新メンバー、いろんなリザルトみてどのくらいのチームかみてたとかいってたなーとか思い出し、ってことはここで微妙な結果だとがっかりされるし速い人はいってこなくなる?それは嫌だとか、てゆーかフィニッシャーリングの話ぜんぜん聞かないけど今年はないとかないよね?まさかね?(あるそうです)とかもいっこてゆーか心拍計なんか数字おかしいんだけどテンションさがるわー色々考えた結果、70分でも75分でもシルバー。どう転んでも自分にゴールド取れる実力はまだないんだから確実にシルバー取るぞ、シルバー取るマシーンになろう、と7kmあたりで結論。そんなしてたら心拍計も復活。

というか7km過ぎて、序盤きついって聞いてたけど序盤終わってね?と気付く。ほんとに斜度がない。え、もう1/3きてんの。半年前から壱岐と富士ヒルメインとか言っといてどんだけ下調べしてないの自分。。(前の週まで壱岐だったから車載動画1回しかみてない。。)

そしてシルバー取るマシーンは淡々と斜度5%くらいなれば背筋と臀筋、ゆるくなればヘソを前に体重で踏む。たまにガニ股でリフレッシュ。群馬グリフィンで教わったことをハンドルにメモ貼っといたのでこなしてく。
前日にもらったタイムシートの1時間14分のやつをトップチューブに貼っておいたので、それ-1分を目安に絶対に失速しない心拍維持で。
IMG_0129
21km過ぎの平坦でまわりがどんな状況になるかわからないので2分マージンとして確保して進む。もし平坦ぼっちでも平坦2km弱で2分もっとけば余裕。
17-18kmあたりでなるしまジャージとコムリンジャージを見つけ、あーこの2人はきっちりシルバー取りにいくな、と見当つけて一緒に走る。スプリントポイントも無理しない。
平坦は狙い通り集団で。でも40km/hいかないくらい。ラスト600mの上りは平坦で臀筋で走って温存しておいたのできっちり踏んで。

結果1:12:38。2分半余裕持ってシルバー取るマシーンきっちり仕事した。

足もつる気配ないし心拍も190中盤を安定キープ(max215)。練習で無理してないんだから本番でいい結果だそうとしない。まず練習、練習。来年みてろ。

五合目で買えるこけももソフトクリームウマい。
IMG_0124
帰りに速くなるために一番いい機材は、、と考えた結果、練習用レーパン×2、ドリンクタブレット、ボロくなってたローラー台のバーテープ、新タイヤ購入。間違ってないはず。

帰りにはお約束になってきた焼肉。そしてお土産の信玄餅。山梨だからね。
IMG_0134 IMG_0136

Read More

第28回壱岐サイクルロードレース

九州の離島、壱岐で行われる公道封鎖で島一周のレース、壱岐サイクルロードレースに行ってきました。去年のはこちら

去年はペース配分とか考えた結果遅い集団になった挙句に落車といいとこない感じでしたが、今年は完走してきました。

結果 EL50クラス 28位/37人完走

はい、今年からJCF登録してるのでエリートクラス。うっかり最前列スタートになるわ、スタート整列したら隣や後ろにJPT選手いるわ、まわりみんな脛毛剃ってるわ。
このクラスで半分いければいいか、せっかくだし速い人の走りみれるとこまで見ようと。どうせ50㎞、途中潰れてもどうにでもなるし。
壱岐はスタート位置が前にエリート、後ろにエキスパート、同じクラスでは出走申告順なので7:50の出走受付(でもだいたい7時過ぎに始まる)なのに6時前から行列になるんですが、今年はエリートだし余裕もって7時ぐらいでよくね?って思っていったら3番目だった。ELはどうせ5-6列目になるからみんな遅いのね。8時でもいいぞこれ。

結果はもう、ヒルクライムばっかやってたツケがでた。ロードの踏むとこと抜くとこのインターバルに対応できず、去年こけたし安全に曲がろうとして立ち上がりで離される。ロード練しなきゃ。富士ヒル終わったら切り替える。

(さらに…)

Read More

第4回榛名山ヒルクライム

榛名湖コース タイム 48:24.931
年代別 107位 / 1363人


申告タイムは49分。49分で走ったことないというか通しでちゃんと走ったことなかったけどだいたいこんなもん?と。50分はきるでしょーとよくわからん根拠。
とりあえずノルマかな、とgarminに49分のデータいれておいた。
榛名山は2回下見きてるので八ヶ岳、日光白根のぶっつけ本番よりコースわかってるしスタート前の時点ではけっこうまじめ。

もらったもの色々。サイクルイベント恒例ひどいTシャツもある。
IMG_0019

(さらに…)

Read More

赤城山ヒルクライム講座と榛名山下見

八ヶ岳の帰りになんかちゃんと走り方教わりたいねーと話しててちょうど見つけた
群馬グリフィンがやっている赤城山ヒルクライム講座に行ってきました。

群馬グリフィン赤城山ヒルクライムイベント

赤城山ヒルクライムのコースをプロの選手に教わりながら登っていくイベント。
途中2回休憩しながら走り方を教わって試しながら行きます。

参加者は5人で選手はGMの狩野さん含む3人という贅沢な。
これもっと宣伝したら人いっぱい来ると思うよ。

ペダリングモニターのモニター応募してみたら当選したので今回はグリフィンバイクで。
ペダリングモニターは彩湖でお試し会でローラーで試したことはあったけど
初カーボンフレーム、初カーボン&ディープホイール、初チューブラーと初めて尽くしなのに
乗ってみたけど軽い、ブレーキの音おもろいくらいしかわからず、機材への鈍感さ全快でした
下りはさすがにいつもと感覚違うので慎重に慎重に。。

ちなみに管選手が去年乗っていて北海道で15位に入った機材だそうで。だいぶいいもの。

習ったのは

  • かかとで円描いて臀筋
  • ハト
  • 8の字踊りダンシング
  • ごまかしダンシング
  • 指3本
  • 足以外でつくるペダリングリズム
  • 一時的なガニ股
  • ヘソ

よくわからない羅列だけども。これは直接習ったほうがいいので行きましょう。

知らなかったこともいくつか、知ってたことも細かくわかってよかった。
筋肉の使い分けをいままでよりはっきりできるようになったのと、ダンシングが
長い時間できるようになった。
雑誌でみてた技術もうまい体の動かし方教えてくれてその場でみてもらえるので
直接ならうのほんといい。チームで半日とか習いたい。

あとペダリングモニター、いままでどのくらいの出力かまったくわからなかったのが
なんとなくこのWがこのくらい、とわかったのと左右差が、あーやっぱりねーという
感じでした。

最後の3kmくらいでみんな疲れたりでバラバラになってきて先頭の狩野さんと2人になり
それまでゆるいペースだったのがじわじわ上がっていくのについて後ろから見てたら
斜度ゆるくなったとこできっちりギアあげてるのが「だよね!」という感じで、
300Wくらいまでは2kmならいけるかって対応してたけど350Wいったとこでゆるくなった
とこで自分はギア上げきれず離され。でもせっかくだから無理やりついてっとくべき
だったと後で反省。もったいないことした。

終わってからは来週榛名山だしってことで試走に。

走りだして気づいたけど足がさっそくやばめ。赤城ラストでだいぶもってかれてた。
それでも下見と復習と割り切ろうと相談して初心者コース半分をゆるゆる。半分を
榛名湖コース50分ペースで。
そこから神社まではいい斜度ちょいちょいあるので習ったダンシングを練習。8の字。ごまかし。
神社からの最後の3kmはもうやりきるだけやりきろうってことで、完全に終わった
足で足つかない、ダレないことだけ考えてなんとか。久々にきつかった。

なんか八ヶ岳から考えたらけっこう短いしあの雨と風と長距離体験しといたのはよかった

5月のは今日で終わりだけどまた定期的にやりそうなのでチェックしとくとよさそう

Read More

TIMEのペダルのボディプレート交換

使ってたTIMEのペダル、Xpresso2がだいぶぼろっちくなってきてたのでプレート交換。

回転はいい感じなので上のプレートだけ変えとくか、クリートも痛みにくくなるそうだしってことで
探して早3か月。。。

マジ売ってない。そもそも行きやすいワイズはTIMEの取り扱いがなく、TIMEの取り扱い店リストから
色々周ってみてもペダルはあってもプレートはなかったりたまにクリートすらなかったり。 (さらに…)

Read More

第5回日光白根ヒルクライム

今年2戦目、丸沼高原であった日光白根ヒルクライムに参加してきました。

今年は去年末から膝の腸脛靭帯を痛めたのが長引き、3月くらいまではゆるゆるしか走れずそれからもイマイチな感じでそのまま先週のツールド八ヶ岳。
1時間超のヒルクライムのペース配分がわからず余計に抜いて微妙な結果だったので今回のほうが得意なはず、とエントリー。

結果は年代別12位。総合21/259。タイム30:41。

今の調子としてはそれなりな感じ、なんか咳でるし。上位層が去年よりかなり速くて年代別で30分切るの去年2人だけだったのが今年は8人。タイムみてそれなり?と思ったら甘かった。

(さらに…)

Read More

2016の予定

今年出るレースとか整理。

前半は壱岐と富士がメイン。後半は赤城と秩父宮。怪我しない・風邪ひかない。

壱岐までに白石23分台。年内に23分切り。

エントリー済み

ツール・ド・八ヶ岳 4月17日

日光白根ヒルクライム 4月24日

エントリー予定

榛名山ヒルクライム 5/22

壱岐サイクルロードレース 6月1週目?

Mt.富士ヒルクライム 6月2週目?

東京ヒルクライムOKUTAMAステージ 7月31日

赤城山ヒルクライム 9月末

東京ヒルクライムHINOHARAステージ 10月2日

秩父宮杯 9月

未定

ツール・ド・美ヶ原 6月末

乗鞍 7月

ヒルクライム佐久 9月末

出なさそう

箱根ヒルクライム 

車坂峠ヒルクライム

キングオブヒルクライム富士山 9月末 赤城山とかぶる

東京ヒルクライム NARIKI

 

にほんブログ村 自転車ブログへ

Read More

ロードバイクのフィッティング受ける前にやったこと

11月に膝、腸脛靭帯を痛めたおかげであまり乗れないままシーズンオフなので、しっかり調整しようとフィッティング1年ぶりに受けてみようと思ったけどせっかく時間あるしその前にやるべきか、ということで

整骨院通い始めました。

いままであった悩みとしては

  • O脚
  • 右足のほうが多少長い
  • 上死点で少しぶれる感じがある

O脚の対策としては普通はフィッティングならカント角調整とかクリート周りの調整
足の長さの差はスペーサー。これはテニスやってたせいで左右差でた気がする。

で、いっそ治そうと。こういったのに時間かけられるのが冬。

やったこと

  • テーピング1週間
  • 整骨院で足・骨盤の調整2ヶ月
  • ストレッチは毎日

(さらに…)

Read More

サイコン選び2016

これまでCateyeのstrada smart使ってきて、不満としては表示内容少ない、カスタマイズできない、ちっさすぎて見にくい、携帯の電池減るとかあったわけですがさらにローラー台用にサイコンなにもついてないのどうにかしたいと思って物色。いまのをローラー用にするか、新しいのローラー用に買うか。どっちにしろひとつ欲しいところ。

条件は

  • 表示内容多い。距離出したい
  • 電池の持ち時間。ストスマだとだいたい9時間で死ぬ(xperiaが)
  • できればbluetooth。いまからAnt+揃えるのどうなん?
  • 携帯でstravaまでアップロード(輪行帰りにチェックしたい)

いまの環境としては

  • strada smart
  • topeak speed & cadence (bluetooth)
  • mio link (bluetooth,Ant+)

(さらに…)

Read More