パワートレーニング最初の1か月

zwiftがハロウィン状態

だんだんとログがたまってきて傾向が見えてきた。
これが現状の持続可能時間:ワット数のグラフ。最近は決めた時間維持したりスプリントしてみたりいろんな走り方してログためてた

power

20分の平均最大パワーの95%が1時間維持できる平均パワー(FTP)と言われるけど、20分の平均を95%の出力で1時間維持ってとてもじゃないけどムリ。1時間FTPできるメンタルがあればパワートレーニング関係なく速くなれると聞いたけどそりゃそうだ、常人とは思えない

で、自分の傾向を見ていくと、W、パワーウェイトレシオ、レベルはこうなる
(レベルはパワートレーニングバイブルから)

パワー・トレーニング・バイブル

著者/訳者:ハンター・アレン アンドリュー・コーガン

出版社:OVERLANDER( 2011 )

定価:

Amazon価格:¥ 3,024

単行本 ( 408 ページ )

ISBN-10 : 490531500X

ISBN-13 : 9784905315001


  • 5秒 669W  10.29W/kg - - 一般(トレーニングなし)以下
  • 1分 476W  7.32W/kg - - まずまず・普通(カテゴリー4・5)
  • 5分 318W  4.89W/kg - - よい(カテゴリー3)
  • FTP 271W  4.17W/kg - - 上級・よい(カテゴリー2・3)
    (20分286W*0.95=271W、体重65kg)

あー、うん。右上がりの完全にタイムトライアル型。
あと富士ヒルシルバーに必要なW/kgが4.0あたりらしいのでFTPはわりと正確そう。

普段から自分でもゴミのような瞬発力と言っていたけど、一般(トレーニングなし)以下とは。2年自転車乗ってトレーニングなし以下。。800Wとか夢。幼稚園の頃から短距離遅かったし。
これみると、ゴールスプリントするなら1,2km手前からの早掛け一択。いつもチーム練でやってるのは間違いではなかった

でもこれは特に考えてトレーニングしてない現状の数字でしかないわけで、これからどうするかなわけですよ。

FTPあげてTT、ヒルクライム伸ばすか。短時間高出力鍛えていくか。
富士ヒルにはFTPなんだろうけど壱岐や短距離のヒルクライム、来年出たい沖縄考えると5分の出力あげておかないと集団から千切れていけなそう。一時的なペースアップについていけず遅い集団でゆったり走るしかなくなるのはもう何度かやってる
5秒の出力上げるのは適性的にアレな感じなので5分・FTPを重点的に冬がんばる


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です