年の始めのケーブル交換

機材はdura-aceが一番性能も耐久性も高い。そう思ってた時期もありました。
だがポリマーコーティング、お前はダメだ。

コーティングはげて汚いケーブルの図

 

現行のdura-ace,ultegraの上位2グレードに採用されているポリマーコーティングのケーブル、組み付け時の引きは軽いけどコーティングの剥がれ方がひどい。
これおかしくないかと調べてみたらやっぱり言及されてた
シフトワイヤーについて考える【シマノ編】

完組ならあえてその下のグレードのオプティスリックで組むとかなんとか。まぁ志木は高級車多いし見た目悪くなるケーブルはつらいだろね。

なので年に一度のケーブル交換、オプティスリックにするかなーと思ってたけどそこまでいいってわけでもなさそう。
そもそも最高グレードへの信頼の薄れたシマノに拘る必要ないよねってことでJagwireが候補に。

jagwireはランク分けがElite,Pro,Sportsとあって、Eliteはnokonチックなリンクつなぐタイプのやつとかも。
ただ一気に高くなるのでモノはいいけど価格的には価値がないみたいなの見てProでも十分高評価だったのでそちらで組むことにしました。
Proでシマノのdura-aceとだいたい同じ価格帯。

カラーは14色あって、カーボンシルバーを選択。ビアンキの人はチュレステもあるよ
http://jagwire.com/products/diy-cable-kits/road-pro-kit

amazonにも在庫豊富。がんばれJagwire。

そして組み付け。
シマノのケーブルセットとの違いとしては

– アウターケーブル硬い
– シマノよりフレームプロテクト用ゴムとか豊富にオマケついてる
– アウターケーブル太いのでアジャスターがシマノと互換性ない。
– ブレーキケーブルはハンドル付近は曲げやすいよう加工されてる。いい感じ

アウターケーブル硬い。ちゃんとしたケーブルカッターじゃないと切り口広がってキャップはまらねーってなります。
HOZANのちゃんとしたの買いました。
次にケーブル以外の小物いっぱいある。使い切ってないのがこんなに。

最後にはまったのがアジャスターの互換性。アウターケーブルの太さ違うのでシマノのものが使えない。
これはJagwireの5mm経のものを買い足して解決。
引きの軽さなどはまったく問題なし。耐久性も間違いなくシマノよりありそうなので今年1年はこれでいきます。
見た目もビニール的なシマノとぜんぜん違って高級感あって満足度高し

上がシマノdura ace、下がJagwire pro。高級感が違うぜ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です