zwiftでFTP test 2017/02版

パワートレーニングする上で避けて通れないモノ、FTPテスト。

1時間維持できる最大出力を計測して、その出力を元にトレーニングメニューの強度が決まります。
この3分のインターバルはFTPの120%だからこのワット数、のように。

ただ1時間のテストをするのはハードすぎるので、20分のテストをして、その95%がFTPとするのが一般的。
前回、12月にやったときは270Wだったので、20分290Wあたりを維持できれば成長してることになる

正直20分でも限界ださなきゃいけないのでつらすぎて1回やると1ヶ月はやりたくないけど定期的にやらないといけないやつ。
今回も先週やろうと思ったけどメンタル足りず今週に・・

じゃ、観念してやるよ。zwiftのFTP Test(short ver)はじまりはじまり

まずはウォーミングアップ。
きっちりアップしてやらないといけないのでウォーミングアップもそこそこきつい。
そしてこれから死の20分が始まる・・
今回は気を紛らわすためBGMはラテン系。

20分維持できる限界だせや

5分経過。ヘイ調子はどーよと煽られる。
300W、ケイデンス100維持を目標にキープ。

10分経過。簡単だと思ってんならもう10W上げろや

あと4分。強いとおもってんなら出力あげてみろ

ラスト10秒!視界が霞む

終わった。もうやらない。。

結果は10Wほどアップ。20分平均299WでFTP284W。

心拍は210までいった。ローラー台で200超えることなかったのでそれなりに追い込めた。。(外での最大は215)
6月までにもう20上げて体重3kgくらい落としたい

300Wで維持してる15分間、心拍190から5分で200、そこから10分で205とゆるやかに上がるので出力を心拍から考えるのやっぱ無理だなーという感想。

FTPテストはテストのつらさと、上がった達成感と、明日からのメニューが厳しくなるつらさをまとめて味わえる月1回で勘弁して欲しいイベント


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です