クロスバイクのリペイント

購入後5年以上経過したTREKの8.4DS。
タイヤ細くしたりブルホーン化されたりパニエ付けられたりタイヤ太くされたり、クロスバイクらしく色々といじられてるチャリ。さすがに色飽きてきたなーということでイメチェンです。

現在はこんな感じ。
ホイールがMTB用になって前2.1、後2.2と限界まで太いタイヤを入れられてる。

これを黒メインで差し色入れる感じで。

今回は塗装剥離なしで重ね塗りでいきます。
塗り替える工程は

0.まずはキレイに。
1.黒で全体を塗る (元々の色の差を塗りつぶしてなくす)
2.色いれたい部分にシルバーで塗る(差し色の発色を良くするため)
3.クリアカラーで色を入れる
4.色残したい部分をマスキングで保護
5.全体を黒でぬる
6.マスキングを剥がし
7.ウレタンクリアで保護して終わり

では作業開始。

## まずはキレイに。

バラしてベランダに釣ります。
マンション購入時、グリーンカーテンとか流行りだったらしくベランダ上にフックがありまして。
上からロープ張ってキャリアダボのあたりを通して釣り。
ガンコなよごれを荒目の紙やすりでガシガシ削っていきます。5年分の汚れはクリーナーだけじゃ厳しい。
仕上げにシリコンオフして油分を除去。わりとピカピカ。

## 黒で全体を塗る

ここからが塗装開始。
あまり汚さないようベランダ保護、日経新聞はページ数多くてよい。2冊で足りた。
まずは黒でガッと。あとで塗りつぶす黒なのでわりと雑にOK。

## 色いれたい部分にシルバーで塗る

乾いたら次にシルバー。
今回使ったシルバーはかなり下を隠してくれるタイプだったので、これなら1の工程はいらなかったかもしれない。
ここからは少し丁寧にガッと。

## クリアカラーで色を入れる

ここからが本番。
今回はチェーンステー内側に青、ダウンチューブ下にオレンジ。
まずは青を入れる、3度塗りではっきり色をいれて。
ダウンチューブにはかからないように雑に新聞でカバー。
Mrカラーのクリアブルーを1本使用。

次にオレンジ。
今度はチェーンステーをマスキングしてダウンチューブを。
範囲が広いのでMrカラーのクリアオレンジを2本使用。

## 色残したい部分をマスキングで保護

チェーンステーは少し角をカーブさせたいので、一度台紙に貼ってカッターで切ってから貼る。
念のため2重で。
ダウンチューブは直線的なので切ってペタペタ。

## 全体を黒でぬる

今回の黒はspray bikeの黒
SPRAY.BIKE/ 400ml LONDON COLLECTION - Blackfriars 48100  【速乾性塗料/スプレータイプ】
これが非常に優秀。全然液垂れしないし乾くのも速い。
全体に塗って乾かす。また全部が黒に。

## マスキングを剥がし

緊張のマスキングはがし。
クリアカラー塗ったときより全体黒になったおかげで良いコントラストになってる。
チェーンステーいい青。

ダウンチューブもはっきりオレンジ。

ついでにDedaの安物ステムも黒で塗りつぶし。

## 仕上げにウレタンクリア

クリアカラーは退色激しいのでウレタンクリア吹いて保護。

あとは外したパーツを組み直して出来上がり。

真横からだとわかりにくいけど上から見るとがっつり差し色。
イメージ変わりすぎて駐輪場で自分のチャリわからなくなるくらいには変わった。これであと5年いける


1 件のコメント

  1. ピンバック: シクロクロスはじめました – realsuger.log

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です