Android Designの超約+コメント GET STARTED編

最近公開されたAndroid Designのざっくり訳+いろいろです。個人的所感入り。
まずは GET STARTED編。

http://developer.android.com/intl/ja/design/index.html

 

■ビジョン

4.0でいろいろ変わりました(携帯向けのメジャーバージョンアップでいうと2.0以来の変化)。
ここで基本的なこととか高解像度対応、アクションバーを解説します。

 

まずはこのページ。
http://developer.android.com/intl/ja/design/index.html
http://developer.android.com/intl/ja/design/get-started/principles.html

 

・生活をシンプルに

□もっときれいに
きれいなUIは表面的なスキンだけでなく、動きの滑らかさ、レイアウトなどいろいろな要因によります。
アプリアイコンも、重要。1ツールのようにもっと詰めて努力すべきものです

 

・驚くような方法はいいもの
ここではスクロールできる画面の終わりの演出

 

・リアルなオブジェクト(アイコン)はボタンやメニューよりもいい

 

・自分のモノのように感じるのはいい
デフォルトで美しいのも大事。ただカスタムのオプションがあるともっと自分のものと感じてもらえるしコントロールしている感覚を与えることができる

 

・教えてあげることも大事。
オートコンプリートなど、使い勝手をあげる考慮。

 

 

□シンプルに
アプリは、生活を便利にしたり面倒な作業を簡単にしてくれるもの。
そのアプリ自身が直観的に理解できなくてはいけません。
ユーザーにはいろいろな国・環境がいることを考慮して、がんばろう

(ここから画像大きいのでこっちとあわせてみてください)

 

・テキストは短くシンプルに
長いと飛ばします。分かりやすくするために長く説明するアプローチは間違い

 

・画像はテキストよりも速い
説明するのに画像は有効。印象まで伝わる

 

・おすすめはするが、決定はユーザーにさせる
自動化しすぎてわかんなくなるのまずい。
取り消し操作はできるように作ってあげる

 

・メニューなどは必要なものを出す
選択肢の羅列は避ける。多いと迷う(読まないとだし)

 

・現在位置はわかるようにする

 

・同じように見えるなら、同じ動きを
デザインとして当たり前のことは、当たり前に。

 

・余計な通知はしない
重要でない事なら、人を遮らない。
バックグラウンドで動いていたものならポップアップで通知せずに通知バーとか。
通知でもやりすぎないとか。

 

□驚くようなことを
使いやすいアプリも大事ですが、アプリはそれだけでなく、新しい使い方の提案につながります。
マルチタスクに通知・共有なども使えるし。

 

・どこでも使えるUIを
共通UIが使える(そこで説明されていなくても)ということは、ユーザーにいい印象を与える。
知っている操作方法は、ユーザーにとっても使い勝手がいいもの。
例えば、スワイプはナビゲーションの動作として良い。

 

・アラートなどは優しく(でも短く)
エラーメッセージなどは、できるだけ温和に。ユーザーはエラーしようとしてやっているわけではないので。
修正方法などを明示するのもよい。ただし、ユーザーに見せずにアプリ側で対応できるならそれでいい。
エラーを出しすぎない。よくある厳しい問い合わせフォームみたいな。

 

・ユーザーへのフィードバック
小さなものでも、タッチなどユーザーの操作を受け付けたことのフィードバックをしてください

 

・簡単にできるように演出する
設定が多すぎないかとか、デフォルトは自動にしておくとか

 

・大事なことはすぐわかるように
カメラのシャッターボタンとか、音楽アプリの停止ボタンとか。
ボタンの重度によって考える。

 

■UI Overview
AndroidのUIから外れすぎちゃダメ

http://developer.android.com/intl/ja/design/get-started/ui-overview.html

□UIバー


3タイプある。

 

・ステータスバー
上部にあるアレ

 

・ナビゲーションバー
4.0からバック、ホーム、最近のアプリ(recent)の3つのボタンに。
旧バージョン用アプリのメニューだすためにメニューがでることもあり。

 

・システムバー
要はステータスバーとナビゲーションバーが一緒になったタブレット用のアレ

 

□一般的なUI

上の話を画面で解説。アクションバーの部分でビュー切り替えが可能なUIだけチェック

 

Portions of this page are modifications based on work created and shared by the Android Open Source Project and used according to terms described in the Creative Commons 2.5 Attribution License.

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です