Trek 8.4DSのブルホーン化してみる

タイヤを25Cにされ、ずっかりMTB寄りクロスバイクとしての方向性を見失ってきていた
ウチの8.4DSをさらに迷走させてみます。
やっぱりロードみたいに縦にハンドル握るのが楽だよねーでもドロップにしても下ハン握る
ことはこの自転車ではそうないだろうし見た目的にもブルホーンに。
一番の狙いはロードに近い姿勢で乗れて重い練習用チャリ化。

8.4DSについて整理

– ブレーキは油圧のディスクブレーキ
– ホイールベース長め、あまりハンドル遠くするとつらい
– ステムは31.8mm
– ギア周りはMTB用。シフターはavilio,RDだけdeore

ブルホーン化について決めたこと

– No エビホーン(すっきりしたい)
– できるだけ安く(お金使うならロードに使うよ)
– ブレーキ位置は前(ここ変えないならバーエンドでいい)
– ディスクブレーキ(雨の日の安定感パネェ)

そんなわけで方針

– ブレーキは機械式に変更
– ギア周りはそのまま
– シフター取り付けの関係でハンドル太さは22.2mm

油圧式はブレーキを前にするとどうやってもケーブルが前にでちゃうので
普通のレバーでも使える機械式にしました。


買い集めたものたち。

DSC_0041

▪️ハンドル選定

22.2mm径のブルホーンハンドルはいくつか候補があります。
TT用とかではない街乗り用ブルホーンハンドルで探すとでてきます。

ただし、ハンドル径が小さくなるとエアロブレーキの選択肢が減るというかほぼ無くなります。内径19mmの壁。
シフターを流用する=ハンドル径細い=エアロブレーキを諦めることになります。

一緒にステム交換。これまでのステムだと径大きすぎ、長すぎなので一番短いやつ。
ハンドルバーと同じメーカーだしこれほぼクロスのブルホーン化用のやつですね

ハンドルはクロスバイクカスタム用の25.4mm/22.2mmのもの。

ステムは突き出し32mm。短いの探して結局ハンドルと同じとこのに行き着く

これで前を握った時にいままでのハンドルにエンドバーつけた状態くらいにできました。
ロード用ハンドルに比べると細いのでバーテープの下にクッション替わりにテープ余計においたりしてふかふかに。

シフターを交換して太いロード用ハンドルにする選択も迷いましたが9速のシフターいまさら買うの・・?とか考えると流用になりました。

▪️シフター取り付け

ブレーキの前にシフター取り付け。
これはケーブル類そのままなので、ハンドルの曲げ部分をうまく通して固定。

DSC_0044
うまく通る角度があります。
DSC_0043

▪️ブレーキの選定

必要なものは
– ブレーキ×2
– ブレーキレバー
– ブレーキケーブル

ブルホーン化のお約束的な問題として一般的なロード用ブレーキ(キャリパーブレーキ)とクロス、MTB用ブレーキ(Vブレーキ)の引き量の違い。

ブルホーンの前に付けられてVブレーキがひけるブレーキといえば
第一候補、LR740。すっきりしてる

TEKTRO(テクトロ) RL740 BR-TK-018

TEKTRO(テクトロ) RL740 BR-TK-018

Amazon価格:¥ 3,456

カテゴリ:スポーツ用品


次、LR520。ロード用プラケットだけどVブレーキな変わったやつ

TEKTRO(テクトロ) RL520 BLACK BR-TK-122

TEKTRO(テクトロ) RL520 BLACK BR-TK-122

Amazon価格:¥ 3,240

カテゴリ:スポーツ用品


この辺り。一番すっきりしてるLR740を探していたけど全然在庫がないので断念、520にしました。これしか手に入らない。楽天で検索すると在庫ありでいくつかでてきますがどこも実際在庫持ってなくて実際はメーカー確認ばかり。
(ブルホーン化終わって1週間くらいしたらLR740のamazon在庫復活しました。。)

DSC_0048

ハンドルが細いので、家に転がってたスペーサーの端カットしてかませることで
ブレーキレバーを固定しています。

DSC_0050

仮止めして、バーテープ巻いて、ブレーキ固定。

ブレーキ本体は一番安いBR-M375で。どうせ機械式だし。

ブレーキケーブルはMTB用ではなくロード用を。これはブレーキではなくレバーで決まります。
ケーブルはインナーとアウターがセットになって1台分というものがありますが、
ディスクブレーキの取り付け位置が遠いためロード用のセットでは長さが足りず少し買い足しました。
おかげで1日で終わらず。
DSC_0051
足りないケーブル。。
これ、組み終わった後に気がつきましたがロード用ディスクブレーキを使えばキャリパーでひけてブレーキレバーの選択肢もっと多かったのでは・・?と思った。
ディスクブレーキだからVブレーキ、Vブレーキと思い込みすぎてた。
1週間くらい色々探したりしてたんだけどな、ブレーキレバー。。

あとはブレーキ調整して、試し乗りしながらハンドルの角度と高さ調整しておしまい。
作業自体は簡単なので使うパーツさえ決まってしまえば週末でできてしまうと思います。
ブレーキが油圧deoreからだいぶランクダウンしましたがディスクらしく雨の日でもきっちり効くのでとりあえずOK

結果的には超快適です。
加速しやすいしハンドル幅はロードと同じにしてあるので姿勢も近く重いのでいい練習用。
ほぼ常に前を握っていて、シフトは手の付け根を回転させる感じで操作。STIに比べれば面倒ですが基本的に重めのギアで。


4 件のコメント

  1. 銀茶

    ブレーキを固定する方法をもう少し詳しく聞きたいのですが、いいですか?
    偶然にもちょうど同じハンドルと同じブレーキをこれから買う予定なので参考にしたいのですが…
    まだ自転車初心者なので…

  2. kaa 投稿者

    そのままだとブレーキ取付にはハンドル細すぎるのでライトとか細いハンドルに取り付ける時に使うようなシム(写真のグレーのプラ)挟み込んだだけですよ

  3. 銀茶

    教えて頂きありがとうございます!
    ところで、シフターはAmazonのSHIMANO(シマノ) SHIMANO(シマノ) SL-A050 右レバーのみ 7S ASLA050RA
    というものを使おうと想うのですが大丈夫だと思いますか?
    ブログに関係ない質問ですみません…

  4. ピンバック: クロスバイクのリペイント – realsuger.log

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です