virtual partner機能の使い方

投稿者: kaa 投稿日:

富士ヒルでタイムシートについて話してたら、garminあるんだからバーチャルパートナー使えばいいじゃんって言ってたらそもそも機能知られてなかったので自分の使い方まとめてみる。garmin使う一番のウリなんじゃないかと思うのでもったいないよ。

使うもの

strava (プレミアム) 

StravistiX for Strava (ブラウザ chromeの拡張機能)

バーチャルパートナー機能使えるgarmin edge(自分のは520)

よくあるバーチャルパートナーの説明には目標タイムを設定してそれとの比較、とありますがそれでは上り下りが無視されるしペース配分にもあまり役に立たないので、stravaに上がっている実際のデータを利用していきます。
これで実際に人が走ったデータとの時間・距離差に。というかこれないと平坦のランニングくらいにしか使えないのでは。。

stravaプレミアムなのは、タイムの比較のためです。

まずはコースの区間を探す。今回は定峰峠で。

区間が既にあればそれでいいですしない場合は作成。ただし作成は一度自分が通ったコースしかできないので注意。(あと誰もタイム気にしないような区間作ってもへんなデータ増えちゃうし微妙)

区間が見つかったら、下のタイム一覧を見てこの一覧の日付部分をクリック。どれでもOK

その人のその区間の情報が表示されます。

ここで比較を押す。すると自分との比較の画面に。

安定してぶっちぎられてますね。まぁ本気でここ走ったことないし。。ないし。。
で、目標にするタイムあたりの人を探します。15分くらいにしときますか。
適当に左の+マークをポチポチ。

するとこんな状態に。タイムはほぼ同じでもペース配分は様々。
極端な人を省きながら(スタート、ゴールでうまく判定されなかったとかで変なデータもあります)序盤抑えめで、安定したグラフの人を選ぶ。

で、参考にする人が決まったら一覧からその人の日付部分をクリックして、詳細表示。
今度はExport effort as virtual partnerを選択。

するとエクスポートの表示に。

 

これでこの区間のデータがダウンロードできるので、あとはgarminをPCにつないで、ダウンロードしたファイルをnew filesフォルダにいれます。
あとはコースを選択してRIDE。

これでスタート地点通過するとバーチャルパートナーが始まります。


カテゴリー: bike

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE