悟った(気がした)

投稿者: kaa 投稿日:

帰省中にごろごろ半分寝ながらAS2.0の本読み続けたおかげでなんとなくつかんだ気した。
今までMCの1フレに関数書いてattachmovieとか変数渡したりしてコネコネやっててもこれってなんかオブジェクト指向っぽいやんこれとどー違うんだよって感じだったけどよーするに再利用性と外部化か。いやべつにMCにのっけなくて処理用オブジェクトとかでもいいんだけど。いままでAS2.0の本読んでもASファイルのクラスの説明ばっかでflaのほうはどーなのさ?ってのが疑問だったがまぁ解消。たぶんな。MathとかStringの拡張ってのの有用性は判るが継承とかそんなに使うのか?ってのはまだある。オーバーロードは使えるけどさ。そんな外部ファイルで親子関係とかやってたら余計管理めんどくさそう。そのFla用にちょこちょこやるんならコピペで新しいのつくって直したほうが速い気するし。再利用できんけど。つか再利用できる部分ってけっこう少なくないか?あー1サイトでflaがいくつもなる場合には使えるか。そか。
共通部分は親flaに入れちまえ。関係ないけど最近フルFlashのくせにページ移動のたびにローディングとか多いぞ。


カテゴリー: notes

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE