SDA大滝 2018 春に挑戦してみる (機材準備編)

投稿者: kaa 投稿日:

あれは会社の飲み会で、最近乗ってる?シクロクロス?とか話してたときのこと。
ハルヒルエントリー出遅れて5月でるやつなくてなーとか話してて、気がついたら大滝エントリーしてた。100km。どうせ行くなら長いやつでしょ
これがハイボールの力か。。

翌日SDA大滝調べてみてたらなんか楽しそう。速くても6時間はかかるから補給大事、そしてパンクする。
5月なら天候は雪(11月)も台風(9月)もなさそうなのでしっかり用意してけばいいかな、とりあえずノルマは7時間らしい。

交通手段は輪行でなんとかなりそう。
宿はもうダメか?と思ったらなんとかレース参加者向けプランやってる大又山荘みつけて解決。レンタカー車中泊になるかと思った。
なによりレース後にペーパードライバーなのに車の運転とかしたくないし。
翌日も大滝に泊まることにした

まだ受付してる大又山荘
http://www.ontake.net/

あと、とりあえず前後タイヤをチューブレス化。
フレームの関係で後は2.0のタイヤまでしかはまらなく、あったのがcontinental race king performanceだけで、まったく知らなかったけどチューブレス対応してた。
continentalはperformanceとprotectionとあるやつは対応らしい、わかりにくい。。
https://www.continental-tires.com/bicycle/service/faq/tubeless-ready

performanceは耐パンク性能は落ちるらしいけど、せっかくあるしシーラントマシマシでいこう。

前タイヤはワイズのチャーリーでMAXXIS IKONのセール品があったのでそれで。大滝定番らしいし。
チューブレス化にはこのポンプ使用。パチンパチン鳴らしながらビード上がる。

次に変速。
街乗り用フロントシングル、フロント40Tにリア9速だったのをSLXで11速化。
MTBは9速からホイールそのまま11速にできてよかった。5月は斜度やばいとの情報をもらったのでフロント32Tのリア46T。ギアでけぇ
インナーギア平地で使うと進まなくてウケる

タイヤはこれでOK。次にハンドルまわり。

街乗り仕様にしてたので正直グリップとかなんでもいいって思ってたけど乗り心地とか考えるとエルゴ形状、あと上り多いならエンドバーほしい。
どうしよ?ってなって用意したのは安定のergon。ちょいお高いけどエンドバー込だし安心感からこれで。
手が大きいためGP2ではなくGP3探して購入。

サドルは6年前買ったクロスバイクについてきてたのを使い続けてたので変更。
基本的にサドルは常にfizikにしてたけどオフロードだとあんまりしっくりきてないので、これもチャーリーで投げ売りされてたSDGの定番ベルエアで。
まだセールやってて在庫あったので欲しい人どぞ。まだ大量にある
http://ysroad.co.jp/charley/2018/01/30/38552

あとはハイドレーション持ちたくないのでサドルバッグ、フレームバッグなど他のバイクからかき集めて。
携帯工具をチェーン切り(11速対応)のもの用意。世の中の携帯工具のチェーンツール10速がまだ多いけどあれどうなの
これでバイク自体はだいたい完成。あとはブレーキパッドでも変えて慣らしておくか

レース時はシクロからSPDペダル持ってきて、ライトとか外してこれで。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE