広告コピーってこう書くんだ!読本 読み終わり

投稿者: kaa 投稿日:

久しぶりに読んだ広告系というか、デザイン系の本。

 

一時期の著名デザイナーの本ブームみたいなのがあった後、だいたいどれも基本的に言ってること一緒だよなーと思って読んでなかったんだけど、久しぶりに読んだので。

 

本自体はものすごく読みやすくできていて、字の大きさ、行間、アキとたっぷりの「これ、詰めたらページ1/3くらいになるんじゃ、」と思ったほど。でも1節1節が細かく切れてて読みきりやすいのでちょうどいい感じ。

 

1章は発想法とか、アイデアを出す方法について。
これについては自分がブレストの時に使う方法とすごく近くて、人の立場を入れ替えまくるとか、客観的に見る冷静さとかを解説してます。独りよがりにならないことなど、基本的なこと。

 

2章は、WEB広告的にいうとバズらせることを狙うこと。
数を出す1章と違って、広めること。どうすれば話題にしたくなるか、
また単にインパクトでよいというわけでなく、ポジティブであること、いいメチャクチャについての部分が大事。

 

3章になると、アンテナの張り方のような話。Yonda?パンダの企画書あります。世の中にひびくものについて考えることや、企画書の考え方。

 

 

3時間くらいで読めてしまいますが、それぞれの節がこまかくまとまってて分かりやすいので、これオススメ。

 

 


カテゴリー: designnotes

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE