ロードバイクのフィッティング受ける前にやったこと

投稿者: kaa 投稿日:

11月に膝、腸脛靭帯を痛めたおかげであまり乗れないままシーズンオフなので、しっかり調整しようとフィッティング1年ぶりに受けてみようと思ったけどせっかく時間あるしその前にやるべきか、ということで

整骨院通い始めました。

いままであった悩みとしては

  • O脚
  • 右足のほうが多少長い
  • 上死点で少しぶれる感じがある

O脚の対策としては普通はフィッティングならカント角調整とかクリート周りの調整
足の長さの差はスペーサー。これはテニスやってたせいで左右差でた気がする。

で、いっそ治そうと。こういったのに時間かけられるのが冬。

やったこと

  • テーピング1週間
  • 整骨院で足・骨盤の調整2ヶ月
  • ストレッチは毎日

まずテーピング。

テーピングって固定のためのイメージだったけど、キネシオテープというものがあって伸縮性があってサポートするものを使用。

女性の為とあるけど気にしない。これの通りにやりました。
最初の3日は半日、あとは朝から夜まで。これを右足に。
使ったテープはバンテリンのやつです。伸縮するやつ。

バンテリンだけど鎮痛成分があるわけでなく。たぶんキネシオテープならなんでも同じだと思う。半信半疑だったけどすごい。

3日でなんか違う感じがして、1週間するといままでO脚のせいで外側がすり減っていた靴に違和感がでます。

なので靴をまだすり減ってないやつに。片側すり減った靴はもう履かないと思う。

そして整骨院。

初めに立ち方を前後左右からチェックされ、1ヶ月後に比較されました。
最初は前のめりで腰が前に出て、胸を張ってまっすぐ立っている感じ。

まず胸を張って姿勢を良くしようとというのが根本的な間違いで、かかと、腰、肩がまっすぐなら胸を張らなくてもまっすぐに立てる。腰が前にでてるのに胸はろうとするから背骨から腰に負担がかかる。

脚は左右の前後開脚の差が大きかったので、それを矯正。股関節中心にやられます。

うつ伏せになって左右の脚をまっすぐ後ろに、膝を始点に外に。
仰向けになって膝を内側に入れる動き、股関節を軸に回転などなど。

股関節での太ももの骨の位置を治していくように。以前より前に、間隔は広くなります。

家でのストレッチも同じようにイメージしながら股関節広げてました。

大事な整骨院の選び方としては、整体などマッサージ系でないこと。
内容によるけど保険が使えたり、治療としての整骨院がおすすめです。

通ってるのはここ。恵比寿。

結果

  • O脚治った
  • 以前より30度ほど開脚できるようになった
  • 右足のほうが長い感覚なくなった
  • 上死点でぶれなくなった、ペダリングの左右差わからなくなった
  • 立ち方が変わった。腰が前に出ない、負担かからない
  • 歩き方が変わった。右足だけ外に向かない
  • 左右の足が同じように組める。

ほんと、これ治す前にフィッティング受けてもやり直しだよってレベル。
というかこんなに改善するフィッティングあるのか?たった2ヶ月。
いままで右足が上じゃないと落ち着いて組めなかったのが、もうどっちでも違和感ない。左右同じように動く。
あんなに右足のほうが長い感覚があったのは骨の位置がちがったせいかっていう。

骨盤調整は保険効かないけど、こんないい改善はないと思う。下手なパーツ買うより体に投資。歪んだ状態にぴったりあわせたって力の無駄がでるしO脚は意外とあっさり治る。

 

にほんブログ村 自転車ブログへ


カテゴリー: bike

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Optimization WordPress Plugins & Solutions by W3 EDGE